本文へ移動

主な年中行事

令和二年

令和2年1月1日(水) 午前0時より

令和2年1月1日

午前0時,新年を知らせる太鼓が鳴り響き、舞台では櫻間会の皆様によるめでたい謡が披露されます。数多くの自然の猛威にさらされた令和元年ではありましたが、令和2年の幕が上がり、改めまして皆様にはこの1年を健やかなにお過ごし頂けますよう心よりお祈り申し上げます。

令和2年1月1日の様子はこちらから 令和2年度のめでたい謡

1月6日(月) 将棋堂祈願祭

令和2年1月5日
午前11時 将棋堂祈願祭斎行
 将棋連盟の皆様ご参列の元、将棋界のご発展、棋力向上をお祈りする将棋堂祈願祭が斎行されました。本年は年明けとともに境内は御参拝の方々で連日一杯となり、その大混雑の中での祭典となりました。佐藤日本将棋連盟会長はじめ多くの棋士の方々に参列頂き、華やかな祈願祭となりました。

  令和2年1月5日の模様はこちらから

2月3日(月) 節分祭

令和2年2月3日
午後7時 祭典斎行 豆撒き
  本年もたくさんの皆様が境内を埋め尽くし、賑やかな節分祭が執り行われました。鬼(よろずの罪、けがれ、悪霊など)を豆を撒いて追い払い、幸福な生活をおくれるようご祈願致しました。『福は内』『鬼は外』のかけ声に合わせ福豆、福餅、お菓子が撒かれ、皆様に『福』をお持ち帰り頂きました。ご協力頂きました消防の方々、警察の方々に無事終了出来ましたこと感謝申し上げます。
 
令和2年2月3日の様子はこちらから 

4月15日(水)  甲賀稲荷社大祭 ※神職のみの祭典斎行となりました。

令和2年4月15日     甲賀稲荷社例祭

午後2時 甲賀稲荷社例祭祭典斎行 

 本年度の甲賀稲荷社大祭はコロナウィルス感染拡大の影響により、一般の方々のご参列はご遠慮頂き、神職のみで祭典を執り行いました。又、祭典後の直会、野点も中止とさせて頂きました。年明けから始まったコロナ感染拡大、いまだ収束とはいかず多くの大切な命が世界中で奪われております。一刻も早く普通の日常が戻ってくることを願わずにはいられません。どうぞ皆様、しっかり体調管理をし、毎日をお過ごし下さいませ。

 

令和2年4月15日の様子はこちらから

6月3日(水) 冨士浅間神社例祭 ※神職のみでの祭典齋行となりました。

令和2年6月3日
午後5時 冨士浅間神社例大祭斎行 
 今回は新型コロナ注視のなか、富士浅間神社例祭が午後5時より執り行われました。本来であれば、多くの方々が見学されるなか祭典が行われ、神職と共に冨士登拝をする大変賑やかなお祭りですが感染予防のため神職のみで執り行いました。色とりどりの菖蒲もキレイに咲いていたのでより多くの方々にごらん頂きたかったです。
来年は賑やかなお祭りが行えることを切に願います。
 
令和2年6月3日の様子はこちらから

6月30日(火)夏越の大祓 ※神職のみでの祭典齋行となりました。

令和2年6月30日
午後5時 祭典斎行
大祓の祭典も今年は神職のみで執り行いました。皆様からお預かりしました形代を祓い、本格的な夏を元気に乗り切れるようご祈願しました。本来ならば皆様と一緒に渓流に形代を流しに参るところですがこちらも神職のみで行います。7月中を予定しておりますので、まだお手元に『形代』をお持ちでしたら神社までお届け下さい。
 
 ※ 形代流しの日程は7月12日(日)を予定しておりましたが
   本年度は中止とさせて頂きます。
 
令和2年6月30日の祭典のようすはこちらから
大祓形代流し令和元年7月7日(日)藤沢市に鎮座する白旗神社にて正式参拝を行いました。
令和元年形代流し(白旗川)の様子は。。。こちら
 

7月30日(木)第44回大山15世名人記念将棋大会   本年の将棋大会は中止となりました

令和元年7月30日    将棋大会いよいよ開幕
 解除後の感染拡大が止まらない中、将棋連盟との相談の結果、本年度の『縁台将棋大会』の開催は中止となりました。少年・青年と常連さん達との白熱した試合は見応えのあるものでその勝負をみることができないのはとても残念に思います。
ぜひ日頃の鍛錬の成果を次回の大会でご披露下さい。
 
※令和元年7月30日の結果はこちらです  

鳩森八幡神社秋季例大祭  ※神賑(舞踊・薪能)は中止となりました

令和2年9月12日・13日
色とりどりのきらきら鳩森八幡神社秋季例大祭 色とりどりのきらきら
9月12日(土)・ 13日(日)
 本年度の秋季例大祭は感染拡大が収束しないなか、神職・総代のみにて祭典が執り行われました。神賑・境内内のイベントが中止となり静かな例大祭となりました。それでも特別昇殿参拝には氏子・崇敬者の方がお参りにご来社くださり、ほんの一時ではありますが大祭らしい時間を過ごすことができました。早くコロナ感染を心配しないで生活出来る日をとり戻せるよう願うばかりです。
 
改めまして、御奉賛・ご協力下さいました皆様に心より感謝を申し上げます。
                    
12日(土)                           13日(日)
宵宮             午前11時    例大祭祭典斎行        
               午後 3時~4時 特別昇殿参拝   
                    
令和2年の様子はこちらから

 

10月21日(水) 戦歿者慰霊祭

令和2年10月21日

10月21日(水)

午前11時 戦歿者慰霊祭祭典斎行
 大戦に於きまして亡くなられました当地区戦没者の方々を悼み、慰霊の誠を捧げ世界の平和を祈念する戦没者慰霊祭がコロナ禍のなかではありましたが感染防止に留意し、粛々と執り行われました。
 以前は、参列された方々の戦争体験を伺うことができる大変貴重な時間であり、平和の大切さを改めて感じる一時でもありました。感染防止に配慮し、今回は祭典のみとなってしまいとても残念に思います。
 

令和2年10月21日のようすはこちらから

10月23日(金) 鳩森薪能 ※本年度の薪能は5月8日(金)から変更になりました 

令和2年10月23日
開演18:30 ※開場17:30
第19回の薪能が検温・手指の消毒・間隔空けた席の配置等々コロナ感染拡大防止に注意を払いお客様をお迎えし、公演されました。久々に外出された方もいらしたのではないでしょうか。思わず笑ってしまう狂言、篝火越しにみえる幻想的な能の舞台をお楽しみ頂きました。
                 
 ※令和2年の演目はこちらから     令和2年の様子はこちらから

七五三

令和元年11月        仲良し家族
11月15日(日)
 
毎年七・五・三詣りが始まると、愛らしい三才、やんちゃな五才、お淑やかな七才の笑顔にお会いできることをとても楽しみにしております。ぜひ お詣り下さいませ。
 
お子様のご健康と健やかなる成長を御祈願致します。
 
令和2年 七・五・三のお友達はこちらです。
               

11月27日(金) 新嘗祭

新嘗祭とは天皇が、その年の新穀や新酒を、天照大神を
はじめとする天地の神々に供えて感謝し、自らも食す儀式
ですが天皇家だけではなく、一般庶民のあいだでもご飯と
作物の豊作を神様に感謝する日として広がってゆきました。

 

12月30日(水) 年越の大祓

令和元年12月30日
午後6時 大祓祭典斎行  
早いもので夏越しの大祓から半年、神職と共に茅野輪をくぐり、我が身を祓い清め新年を迎える準備をし、清々しいお気持ちで新年をお迎え下さい。

令和元年12月30日の模様はこちらから

TOPへ戻る